amazonの注文に対して、速販から出荷通知を行うことができます。

出荷通知を行うと、下記情報がセラーセントラルに登録されます。

セラーセントラルの項目 アップロードする速販の項目(※1)
出荷日 出荷日
配送業者 配送会社
お問い合わせ伝票番号 送り状番号
配送方法(配送サービス) 配送方法

(※1)すべて商品1の情報が登録されます。

出荷通知を行う

出荷通知は、出荷後、必ず行う必要があるため、速販内のステータス変更時に自動で行う仕様となっています。初期設定では、「処理済」変更時に実行されます。必要に応じて変更してください。

[全般設定]>[amazon]>[便利設定]にある「ステータス変更時の出荷情報登録連携」で設定します。

速販から出荷通知(出荷通知ファイルアップロード)を行いますが、この時点ではセラーセントラルに出荷通知の指示を出した段階のため、実行後すぐに結果を取得することができません。
必ず、しばらく時間をおいてから出荷通知結果の確認をおこなってください

個別に指定して出荷通知を行う

ステータス変更時ではなく、一度エラーになった注文などを個別で指定して出荷通知を行うこともできます。受注一覧で注文を選択し、[連携サービス]>[amazon]>[出荷通知ファイルアップロード]から実行してください。(右クリックメニューからも実行可能です)

出荷通知結果の確認

速販から出荷通知(出荷通知ファイルアップロード)を行いますが、この時点ではセラーセントラルに出荷通知の指示を出した段階のため、実行後すぐに結果を取得することができません。
必ず、しばらく時間をおいてから出荷通知結果の確認をおこなってください

  1. メニューバーの[連携サービス]>[amazon]>[未確認の出荷通知の結果を見る]をクリックします。クリックするとすぐに処理が実行されます。
    ※受注一覧で選択している注文に関係なく、結果取得していない注文すべての結果取得を行います。
  2. 出荷通知処理の結果が表示されます。
    ※過去最大90日間まで結果を取得できます。
    c2_order_amazon_shukka5
    結果 内容
    完了 セラーセントラルで正しく出荷通知処理が完了しています
    失敗 何らかの原因で、セラーセントラル側で出荷通知がエラー判定されました。
    エラー内容を確認し、必要があればデータを修正後、再度、出荷通知を行ってください。
    Amazonの処理が完了していません まだセラーセントラル側で処理が終わっていません。
    時間をおいてから、再度「未確認の出荷通知の結果を見る」を実行し、処理結果を確認してください。
    MWSリクエストの上限を超えました セラーセントラルへ、一定時間内に一定の回数を超えるリクエストを行うと通信制限がかかります。
    時間をおいてから、再度「未確認の出荷通知の結果を見る」を実行し、処理結果を確認してください。
  3. 結果は、注文データのサイト固有情報に書き込まれます。
    c2_order_amazon_shukka6
    エラーの注文を確認したいとき

    「出荷通知ステータス」にエラーが出た場合は「失敗」と書き込まれます。
    この項目は検索できませんが、受注一覧に表示することはできるため、エラーになったデータがわからなくなってしまったり、確認したい場合は、受注一覧に項目を表示してご確認ください。