日本郵便が提供する「ゆうパックプリントR」(ゆうプリR)との連携方法をご案内します。
※楽天コンビニ受取データにも対応しています。

「ゆうパックプリントR」の管理画面操作方法、及び仕様についてはゆうパックプリントRのお問い合わせ窓口までお願いいたします。本ページに掲載の連携先サービスの管理画面は、実際の画面とは一部デザインが異なる場合があります。

はじめに

連携サービスをご利用いただくときは、速販の設定で対象のサービスを有効にする必要があります。
メニューに出てこない、設定が無い、などの場合は、連携サービスが有効かご確認ください。

連携イメージ

設定

ご利用開始時は、はじめに設定を行ってください。

ご利用方法

知ってとくする

よく使う機能をツールバーに追加することができます。

発送予定データを作成し、ゆうプリRに取り込む

  1. 受注一覧でデータを選択し「CSV作成」ボタンをクリックします
  2. 「ゆうパックプリントR」を選択して「OK」をクリックします

    ゆうパックとゆうパケットのサイズが指定できます。
    ※ゆうパケットは、全般設定>郵便種別でゆうパケットにチェックが入っている場合のみ表示されます。

    依頼主電話番号・名称・郵便番号・住所・Eメールに会社情報を使用する 依頼主情報にご注文者様の情報ではなく、 店舗の情報を入力したい場合はチェックを入れてください。
    ※【設定】>【会社情報】に設定されている [会社情報]が依頼主の情報として送り状に反映されます。
    注文者と送付先が異なる場合は注文者情報を使用する 注文者情報と送付先情報が異なる場合(贈り物など)は、依頼主情報に店舗情報ではなく、注文者様の情報を入力します。
  3. ファイル選択ダイアログが表示されるので、保存先とファイル名を指定して「保存」をクリックします。
    ここで作成されるファイルには宅配便、楽天コンビニ受取の2種類があります。楽天コンビニ受取のデータが含まれる場合、宅配便→楽天コンビニ受取の順にCSVファイルが作成されます。ファイル名を指定して、順番に出力してください。(ファイル名はわかりやすくするために予め入力された状態で表示されますが、変更しても大丈夫です)
    宅配便の場合
    楽天コンビニ受取の場合

  4. 作成したファイルを、ゆうプリRに取り込みます
    「ゆうプリR」を起動して「発送管理」をクリックします
    img1
  5. 発送予定データ一覧画面が表示されるので、「ファイル取込」ボタンをクリックします
    img8
  6. 「取込フィルタ」に「速販_発送予定データ(簡易)」を選択し、先ほど作成したCSVファイルを「入力元パス」に指定します

    宅配便用のデータも、楽天コンビニ受取用のデータも、同様の手順で取り込んでください。

    img9
  7. 「取込」ボタンをクリックすると、取込を開始します
    取込が終了すると完了画面が表示されます
    img10

    エラーが出た場合は、「リストプレビュー」からエラー内容をご確認ください。
    エラー理由につきましては、ゆうパックプリントRの問い合わせ窓口までお問い合わせください。

発送履歴データを速販に取り込む

  1. ゆうプリRで送り状印刷が完了したら、発送履歴データを速販に取り込みます
    ゆうプリRの発送予定データ一覧画面で「発送履歴」ボタンをクリックします
    img111
  2. 発送履歴データ一覧画面が表示されるので出力したい履歴にチェックを入れ、「ファイル出力」ボタンをクリックします
    img13
  3. データ出力画面が表示されるので、出力フィルタは「速販_発送履歴出力(コンビニ受取対応)」を選択し、出力パスにファイルの出力先を指定します
    0803_17
    楽天コンビニ受取を利用していない方もこのフィルタを指定してください。
  4. 「出力」ボタンをクリックすると、ファイル出力を行います。
    出力が完了すると完了画面が表示されます
    img16
  5. 出力したファイルを速販に取り込みます
    速販のツールバーで「CSV取込」をクリックしてください
  6. 「ゆうパックプリントR」を選択し、「OK」をクリックします
  7. ファイル選択ダイアログが表示されるので、ゆうプリRから出力した出荷履歴データを選択し、「開く」をクリックします

  8. 注文データの出荷情報に伝票番号などが取り込まれます